MENU

フケ原因菌対策シャンプーは通販購入出来る!癜風(でんぷう)菌をやっつけろ!


髪の毛をしっかりと洗っているのにフケが出てしまうと悩んでいる人は多いです!
男性はもちろんの事、美容に敏感な女性でさえも頭皮にフケは発生してしまいます。

 

こんな悩みの人は改善出来ます!
何度髪の毛や頭皮を洗ってもフケが発生してしまう!
男性の場合は、頭をいじるたびにスーツの肩部分にフケが落ちて不衛生!
フケが無いと思っても髪の毛を触るたびに次から次へとフケが奥から出てくる!
痒みはないがフケは発生する!
痒みも強くフケも大量に発生する!

 

こんな悩みがある場合は男性も女性は頭皮に「フケ原因菌」と呼ばれる「癜風(でんぷう)菌」が多く潜んでいる可能性が高いです!
フケ原因菌と呼ばれる癜風(でんぷう)菌は皮脂を餌にして生きています。

 

 

 

大量のフケと痒みを発生させますが、人によっては痒みはなくて、フケだけが発生し続ける人もいます。
何度も洗っているうちに、頭皮の皮脂が良い状態になり、癜風(でんぷう)菌が少なくなってフケが発生しなくなるケースもありますが、何度洗っても、全くフケが無くならない場合はフケを取る専門シャンプーを使用する必要があります。

 

 

 

この癜風(でんぷう)菌はカビの一種なので、防カビ成分を含んでいる必要があります。通常市販で購入出来るシャンプーでは高い防カビ成分を配合しているシャンプーを見つけるのは難しいです。

 

 

 

方法は別途通販で購入する必要があります。特に防カビ効果があり、頭皮にも使用出来る「ミコナゾール硝酸塩」を配合しているシャンプーを使用するのが効果的です。

 

 

 

現在、このフケ原因菌である「癜風(でんぷう)菌」を退治させるのに最も使えるシャンプーは通販購入をする事が出来ます。
何度髪の毛や頭皮を洗ってもフケが少なくならないと問題が続いている場合は使用して様子をみてください。
癜風(でんぷう)菌が原因である場合は翌日から、フケの量に効果を期待する事が出来ます。

フケ原因菌を抑制させるシャンプー ⇒「フケ原因菌を抑制させるシャンプー

 

 

 

 

 

 

 

フケが発生する原因・メカニズムを理解しよう!


頭皮は重曹扁平(じゅうそうへんぺい)上皮と言われる薄い細胞が重なって出来ています。
この上皮が剥がれる事で「フケ」になります。

 

 

 

この重曹扁平上皮は実は誰でも剥がれます。つまり、誰でもフケは発生する頭皮環境にあるのです。
問題は、この重曹扁平上皮が剥がれる事で起こる「フケ」の量があまりにも多く、目立つ事です。

 

 

 

言い換えれば、重曹扁平上皮が異常に剥がれてしまう状態の頭皮がフケが発生する原因になるのです!

 

 

 

 

 

フケ症には乾燥(かんそう)型タイプと脂漏(しろう)型タイプがある!


フケと一言で言ってもフケは1タイプのフケではありません。
大きく分けると2タイプのフケがあります。

 

 

乾燥型タイプ(パラパラタイプ)」と「脂漏型タイプ(ベトベトタイプ)」があるのです。

 

 

乾燥型タイプのフケはパラパラ落ちるフケ


乾燥型のタイプのフケは頭皮を洗いすぎたり、何らかの原因で頭皮にある皮脂が少なくなりすぎて、頭皮が乾燥してしまい重曹扁平上皮が剥がれ落ちる状態です。見分ける方法としてはフケが乾燥しているのでパラパラ状態のフケになっている事です。

 

水分性が無ければこの乾燥型タイプのフケと判断しても良いでしょう!

 

 

 

 

脂漏(しろう)型タイプのフケはベタベタするフケ


頭皮にベトベトくっつくフケがあります。これが脂漏型タイプのフケです。
原因も乾燥型タイプとは逆で、頭皮にある皮脂が多く分泌されている事が挙げられます。

 

女性よりも男性に多いのですが、その理由は男性ホルモン作用の関係により皮脂の分泌量が元々男性のほうが多い事にあります。
脂漏型タイプのフケが発生している場合は頭皮も「脂漏性皮膚炎」と呼ばれる炎症を起こしている可能性があります。

 

 

頭皮が異常に赤くなり、病院の皮膚科に受診する男性の多くは「脂漏性皮膚炎」と診断されるケースが多いですが、ここでも脂漏性皮膚炎に伴って脂漏型タイプのフケの症状を確認出来るケースが多いです。

 

 

 

 

 

乾燥型も脂漏型タイプもフケ原因菌が潜んでいる!


フケを発生させるフケ原因菌である「癜風(でんぷう)菌」はフケが多く発生している場合には必ず頭皮に多く潜んでいます。
カビの一種なので、増加率も著しいのが特徴です。

 

 

 

先に挙げたパラパラ落ちる乾燥型タイプのフケでも、ベトベトしている脂漏型タイプのフケでも、フケを発生させやすくしている大きな根源は癜風(でんぷう)菌です。

 

 

この癜風(でんぷう)菌は皮脂腺の分泌物を元に分解産物を生成させます。この癜風(でんぷう)菌が作る分解産物が頭皮の炎症を促進させます。
フケを増やすだけでなく、皮膚炎などの症状も促進させてしまうのです。

 

 

 

乾燥タイプのフケの場合はフケを大量発生させ、脂漏型タイプのフケの場合にはそのフケを大量発生させる事と脂漏性皮膚炎を促進させてしまうのです。
つまり、乾燥型タイプのフケでも脂漏型タイプのフケでも、大量のフケを抑えるにはフケ原因菌である「癜風(でんぷう)菌」を抑える必要があります。

フケ原因菌を抑制させるシャンプー ⇒「フケ原因菌を抑制させるシャンプー

 

 

 

 

チェック!フケ原因菌対策シャンプーで癜風(でんぷう)菌を抑える事が出来る!


フケ原因菌である「癜風(でんぷう)菌」を抑えるには、癜風(でんぷう)菌を抑える抗真菌剤を含有したシャンプーを使用する事が最も効率的にフケ対策が出来る方法です。

 

 

 

癜風(でんぷう)菌を増殖を抑える事で、乾燥型タイプのフケも脂漏型タイプのフケも改善の期待が持てます。
さらに、脂漏性皮膚炎の促進もさせる「癜風(でんぷう)菌」を抑える事で炎症や赤みなども改善させる事も期待出来ます。

 

 

 

頭皮に潜む「癜風(でんぷう)菌」を退治する抗真菌剤で頭皮にも使用出来るのが「ミコナゾール硝酸塩」成分です。
女性も男性もフケ対策にベストな対策法は「ミコナゾール硝酸塩」を配合しているフケ対策シャンプーを使用する事です!

 

 

フケ原因菌を対策するシャンプー(ミコナゾール硝酸塩)配合!

 

日本で初めてフケ原因菌を抑制する「ミコナゾール硝酸塩」を配合したシャンプーです。
毎日、頭皮を洗ってもフケが無くならない人に使って欲しい医薬部外品のシャンプーです。